スキンケア

スキンケアに関する悩み、体験談をまとめてみました。

スキンケア記事一覧

年を取った方のスキンケアのベースということになると、化粧水を活用した念入りな保湿であると言えるのではないでしょうか。加えて今の食事の質を再チェックして、体内からも綺麗になることを目指しましょう。自然な雰囲気に仕上げたい人は、パウダー状のファンデーションが一押しだと言えますが、乾燥肌体質の人がメイクするときは、化粧水なども使うようにして、ばっちりお手入れすることが重要です。一日の水分補給量の目安はだ...

よく赤や白のニキビが発生してしまう方は、毎日の食生活の見直しは当然のこと、ニキビケア用に開発されたスキンケアグッズをセレクトしてお手入れするべきです。美しい白肌を実現するには、単純に色白になればOKというわけではないのです。美白化粧品に頼りっぱなしになるのではなく、体内からもしっかりとケアしましょう。一日に摂取したい水分量の目安は1.5L〜2Lほどです。私たち人間の体は70%以上が水でできていると...

モデルやタレントなど、ツヤツヤの肌を保っている方の多くはごくシンプルなスキンケアを心がけています。ハイクオリティなコスメを選んで、素朴なケアを念入りに続けることが成功するためのコツです。アイラインのようなアイメイクは、単に洗顔を実施しただけではきれいさっぱりオフすることができません。市販のポイントメイクリムーバーを使用して、しっかり落とすことが美肌を作り上げる近道です。食事やサプリメントの利用でコ...

敏感肌で悩んでいる人は、メイクのやり方に気をつける必要があります。ファンデーションなんかよりも、クレンジングの方が肌に悪い影響をもたらす場合が多いので、ベースメイクを濃くするのはやめた方がよいでしょう。しわを抑えたいなら、習慣的に化粧水などを使用して肌を乾燥させない工夫をすることが必要になってきます。肌の乾燥が長引くと弾力が失われるため、保湿をきちっと行うのがしわ抑制定番のケアと言えるでしょう。健...

もしニキビ跡が残ってしまったとしても、挫折せずに手間ひまかけてじっくりお手入れし続ければ、クレーター部分をより目立たなくすることだってできるのです。ポツポツした毛穴の黒ずみを解消したいからと力を入れてこすり洗いすると、肌がダメージを負ってかえって汚れが堆積することになりますし、最悪の場合は炎症を誘発する要因になるおそれもあります。どれほど美麗な肌になりたいと望んでも、体に悪い生活を続けていれば、美...

page top